第5回LIXIL国際大学建築コンペ、3校が公開審査会へ

「第5回LIXIL国際大学建築コンペ」の公開審査会に進む上位3大学が決まった。同コンペは、北海道大樹町のメムメドウズ敷地に「House for Enjoying the Harsh Cold――厳しい寒さを楽しむ家」をテーマとした作品を提案するもの。世界11ヵ国、12校の指名大学から作品を募った。

公開審査会に進出するのは、タイのチュラロンコン大学(作品名=WEAR-HOUSE)、フランスのパリ・ラ・ヴィレット建築大学(作品名=PASSAGE THERMAL DELIGHT)、ノルウェーのオスロ建築デザイン大学(作品名=INVERTED HOUSE)の3校。

公開審査会は、4月21日午後3時半から経団連会館(東京都千代田区)で行われる。審査委員は、建築家で東京大学教授の隈研吾氏(審査委員長)、野城智也同大学副学長、建築家でカリフォルニア大学バークレー校教授のデイナ・バントロック氏の3人。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)