ヤマハ、子会社ヤマハリビングテックの株式譲渡交渉を開始 | 住宅産業新聞

ヤマハ、子会社ヤマハリビングテックの株式譲渡交渉を開始

ヤマハは、投資ファンドを運営する日本産業パートナーズと同社の100%出資子会社のヤマハリビングテックの株式を譲渡するための交渉を開始した。譲渡時期は2010年3月末を想定し、譲渡株式数は過半数を予定した。譲渡価格は未定。同社は、ヤマハリビングテックの中長期的な事業拡大を実現するため、音・音楽関連事業を中心に展開するグループの枠組から切り離し経営の自由度を高め、市場対応力の強化を図る。交渉を進める日本産業パートナーズは、潜在的成長力のある事業を分社化する戦略的カーブアウトを中心とする事業再編支援を行う投資ファンドで、これまでにNECのレーザー加工機部門やSIIの電子部品・精密材料事業部門の戦略的カーブアウトを支援してきた。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)