ノダ、介護支援専門員を新たな販路に介護・福祉施設などへの提案を強化

木質総合建材メーカーのノダ(本社=東京都台東区、野田章三社長)が、介護・福祉施設や高齢者、バリアフリー住宅への提案を強化している。

2009年8月に発売したユニバーサルデザインドア「ケアシスト」の好調を受け、東京本社内のショールームをケア連携型バリアフリー発見・体感型の展示に改装。公的介護保険を利用した住宅改修などを提案する介護支援専門員(ケアマネジャー)を新たな販売チャンネルと捉え、超高齢社会での存在感を高める。

2010年10月20日付け6面から抜粋

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)