京セラ、国内全工場に太陽光発電システムを導入 | 住宅産業新聞

京セラ、国内全工場に太陽光発電システムを導入

京セラは2010年度中に、国内6工場に合計593キロワットの太陽光発電システムを導入する。これにより、同社国内生産拠点全10工場に太陽光発電システムが設置されることになる。

今年度の導入を計画しているのは、北海道北見工場、福島棚倉工場、長野岡谷工場、滋賀蒲生工場、滋賀野洲工場、鹿児島川内工場の6工場。

合計の年間予測発電量は59万1千キロワット時で、一般家庭の年間消費電力の約125世帯分になる。また、CO2の年間予測削減量は、京セラドーム大阪約19・4個分の森林が吸収する量に相当する234トンになる見込み。

京セラはこれまで、国内外の拠点に合計1222キロワットの太陽光発電システムを導入している。同社は引き続き、太陽電池メーカーとして、工場や同社グループの各拠点に太陽光発電システムの導入や増強などを積極的に進め、環境活動を推進する。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)