日本板硝子、中国で省エネガラスの生産能力拡大 | 住宅産業新聞

日本板硝子、中国で省エネガラスの生産能力拡大

日本板硝子は、中国市場向けLow―E(低反射)省エネガラスの生産能力を拡大すると発表した。同社と同社グループの上海燿華ピルキントン社(以下、SYP)は、SYPが投資・運営する中国天津市の合弁会社の既存フロートラインに、Low―E膜を形成するオンライン・コーティング技術を付加する。さらに、既存ラインの隣接地に同様のフロートラインを増設する計画にも合意しているという。

投資総額は約45億円になる見込みだ。

フロートライン増設に伴い、投資対象となる合弁会社は持分の約45%を保有する予定となり、日本板硝子の持分法適用会社となる。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)