YKKAP、樹脂窓訴求で新たにヘスルケア=BtoCアピール、より身近な要素で

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は18日、断熱性の高い樹脂窓へのリフォームが健康に与える効果をエンドユーザーに発信する専用サイト「HEALTHCARE MADO」の運用を始めた。

冬季における戸建住宅の熱流出部位として最大の要素である開口部の「窓」に関して、樹脂窓を採用した断熱リフォーム需要を喚起することを主な目的とする。

窓の断熱性向上リフォームの訴求手法として居住者により身近な話題であるヘルスケア効果を新たに言及、冬季における住宅室内の温度環境改善効果という従来から実施してきたアピール要素の幅を広げる。

2021年10月21日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)