タカラスタンダード、「コンパクト手洗い」発売=〝玄関での手洗い〟ニーズ獲得へ

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)は30日、玄関横などの狭いスペースにも設置できる「コンパクト手洗い」を発売する。

新型コロナウイルス感染症予防対策で新たに生じた〝部屋の中へ入る前に玄関で手洗いをしたい〟とのニーズを獲得し拡販を目指す。

「コンパクト手洗い」はタカラスタンダード初となるコンパクトな手洗い製品で、国内で新型コロナウイルスの感染拡大が本格化して以降に開発に着手した。製品はボウルとカウンター、水栓(単水栓、混合栓、タッチレス式単水栓――から選択可能)がセットになったもの。

カウンターは奥行きが300ミリで、間口サイズは600~1350ミリの間で選べる。税抜き希望小売価格(搬入費、取付費別)は75センチ間口カウンタータイプが9万2500円から。

2021年08月05日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)