タカラスタンダード、ホーロー扉にマット調=「レミュー」と「エリーナ」に展開 | 住宅産業新聞

タカラスタンダード、ホーロー扉にマット調=「レミュー」と「エリーナ」に展開

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)は6月29日、4月スタートの今期から24年3月期までを期間とする「中期経営計画2023」(以下、新中計)の概要を発表した。

「持続的な成長に向けた土台作りの3ヵ年計画」(タカラスタンダード)とし、「利益重視の成長戦略をもとに『稼ぐ力』を強化」(同)する。このため営業利益率向上に寄与する施策の実行に重点を置くと同時に、実施する施策の有効性を客観的に判断し当該施策の内容を改善する手段の一つとして、中計として初めてROIC(投下資本利益率)を本格的に活用する。

業績目標は21年3月期比で新中計の事業最終期となる24年3月期に、売上高は4・1%増以上の2千億円以上、営業利益は28・4%増以上の140億円以上、営業利益率は1・3ポイント増以上となる7・0%水準の達成を目指す。

2021年07月08日付7面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)