YKKAP、戸建用玄関ドアに顔認証キー、業界初=システム刷新し「スマートドア」シリーズに導入 | 住宅産業新聞

YKKAP、戸建用玄関ドアに顔認証キー、業界初=システム刷新し「スマートドア」シリーズに導入

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は戸建住宅用の電気錠一体型玄関ドア「スマートドア」シリーズの施解錠システムを刷新する。

8月23日にカードキーおよびシールキーからの切り替えとなるICタグキーを新たに導入し、既存のリモコンキーとともに非常用鍵収納型として発売する。10月25日には戸建住宅用玄関ドアへの採用が業界初となる顔認証キーを売り出す。

このほか同社初となるスマートフォンを鍵として利用するシステムも導入する。いずれも利便性とセキュリティ性の向上が目的。刷新した一連の施解錠システムは戸建住宅用玄関ドアの主力商品「断熱玄関ドア『ヴェナートD30』」に先行導入し、その後順次、他のスマートドアシリーズでも採用する。

2021年07月01日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)