◎タカラスタンダード、台湾の売上高70%増=「台湾タカラ会」オンラインで◎ | 住宅産業新聞

◎タカラスタンダード、台湾の売上高70%増=「台湾タカラ会」オンラインで◎

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)は2月22日、台湾の現地販売店とオンラインによる「台湾タカラ会」を開催した。台湾タカラ会は2018年から実施しており、オンラインでの開催は初めて。会では、タカラスタンダードが日本と海外における同社の業績を説明したほか、約30人が出席した台湾の現地販売店と製品などに関する意見交換を行い、現地販売店と親睦を図ると同時に事業連携の絆を深めた。タカラスタンダードは5年ほど前から台湾の販売に本腰を入れており、21年3月期第3四半期における台湾の売上高はまだ母数が小さいながら、前年同期比70%増と「非常に好調」(タカラスタンダード)だった。同社は中長期施策で台湾を含む海外事業を収益に本格的に貢献する水準まで引き上げる方針を示しており、過去の住宅産業新聞の取材で、海外でのアッセンブリー工場設置や、海外向けの製品開発を視野に入れていることなどを明らかにしている。

2021年03月04日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)