LIXIL2020年3月期第2四半期決算、国内けん引し増収増益=中国好調「一番伸びたのでは」とも | 住宅産業新聞

LIXIL2020年3月期第2四半期決算、国内けん引し増収増益=中国好調「一番伸びたのでは」とも

LIXILグループ(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)の2020年3月期第2四半期決算の最終損益は前年同期の86億円の赤字から231億円の黒字へ改善した。

日本事業の好調さと、子会社株式・関連会社株式に対する持分の売却益125億円計上が主要因。日本事業はビルディングテクノロジー事業以外の全事業が増収増益。

海外事業は、為替の影響で売上高は2%減となったものの、事業利益については(1)マーケティングの後ろ倒しによる販管費低下(2)利益率の高い製品の販売率が向上――で12%増となり、減収増益だった。

10月31日の決算説明会の中で瀬戸社長は中国の好調さに言及し「中国国内では我々が一番伸びたのではないか」と述べた。

2019年11月07日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)