LIXILグループ取締役の瀬戸氏・伊奈氏主催、株主提案候補者で共同会見=「政権選択選挙の場」との発言も

LIXILグループ(東京都千代田区、潮田洋一郎会長)取締役の瀬戸欣哉氏と同伊奈啓一郎氏は23日、両氏が同社の定時株主総会に株主提案した取締役候補者と共同で記者会見を行った。会見では、出席した社外取締役候補者の中から「今回の株主総会は比喩的に言えば政権選択の選挙の場」(元三井住友トラストクラブ代表取締役会長の西浦裕二氏)との声が出た。また、瀬戸氏が、会社側提案の10人の取締役候補者(うち2人は株主提案と重複)と株主提案の8人の取締役候補者が共にすべて信任され同社の取締役人数が定員の上限いっぱいとなる状況について、「今、会社の経営は1秒たりとも放っておくことができない状態だと思うので、スピード良くやっていくために16人というかたちは避けたいなと思っている」と発言した。

2019年05月30日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)