ヤマダホームズ=4月受注に反動減か、18年10月以降の受注速報値公表

ヤマダホームズ(群馬県高崎市、増田文彦社長)はこのほど、2019年4月までの戸建注文住宅の受注速報値(金額ベースの前年同月比)を同社ホームページ上で公表した。同数値によると、引渡時期にかかわらず8%の消費税率が適用される請負契約特例の期限切れとなる19年3月の受注速報値は対前年同月比45・3%増となり、「一定の駆け込みはあった」(同社)という。4月の受注速報値は同1・3%増とプラスを維持。同社は、「比較対象となった18年4月の受注実績が低調だったため」(同)という。総額8億円相当の受注キャンペーンを展開するなどの反動減対策が、一定の効果をあげたようだ。

2019年05月30日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)