YKKAP、関西初の性能向上リノベプロジェクト=賛同した地域ビルダーと協働し『神戸 六甲の家』 | 住宅産業新聞

YKKAP、関西初の性能向上リノベプロジェクト=賛同した地域ビルダーと協働し『神戸 六甲の家』

改修前後の内装(写真=YKKAP提供)改修前後の内装(写真=YKKAP提供)

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は4月23日、性能向上リノベーション実証プロジェクト『神戸 六甲の家』のメディア見学会を行った。

プロジェクトでは同社の取り組みに賛同した地元の建築会社KIMURA―GRIT(神戸市須磨区、木村卓社長)が、改築を受注した神戸市内の築37年の2階建て木軸住宅をYAKKAPのトリプルガラス樹脂窓「APW430」や開口部耐震商品「フレーム2.」などを用いてリノベ―ションし間取りを大空間にしつつ耐震性を0・50から等級3相当の1・54、断熱性能(UA値)を2・44からHEAT20G2相当の0・43に上げた。

2019年05月10日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)