三協立山・三協アルミ社、7月からフェンス出荷が3割増=大阪北部地震や台風が影響か

三協立山・三協アルミ社(富山県高岡市、中野敬司社長)では、7月から戸建住宅用エクステリアのフェンス商品の扱いが伸びている。7~9月の累計出荷量は前年同期比3割増で、「特に目隠しタイプの商品が伸びている」(三協アルミ社)。

フェンス出荷量増加の背景の一つは、最大震度6弱を観測した6月の大阪北部を震源とする地震の影響とみられる。

2018年11月08日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)