LIXIL、途上国向け簡易式トイレ普及へ専任担当部門を新設=国内では防災トイレを

LIXILは、途上国での使用を想定した簡易式トイレ『Safe Toilet』(以下、SaTo)の普及を強める。10月下旬の方針発表に続き、10日にはUNICEF東京事務所・国際協力機構(JICA)の関係者をゲストに迎え、途上国の衛生環境改善とトイレの関係を考えるシンポジウムを開催し、その中で『SaTo』が世界14ヵ国で100万台以上の供給実績があることを紹介した。LIXILで『SaTo』を扱うのは、10月1日付で本社部門に新設された「Social Toilet部」。同部では今後、現在検討中の新しい衛生ソリューション「循環型無水トイレ」および「超節水型マイクロフラッシュトイレシステム」などの事業化を目指し、途上国の衛生分野支援を強める。日本国内向けでは超節水型の防災トイレの開発を検討、大規模災害時における避難所などの衛生環境向上に寄与する商品として実用化したい考えだ。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2016年11月17日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)