3割が消費税で住宅購入早めた、若い世代ほど影響=FRK・不動産流通業に関する消費者動向調査 | 住宅産業新聞

3割が消費税で住宅購入早めた、若い世代ほど影響=FRK・不動産流通業に関する消費者動向調査

一般社団法人不動産流通経営協会(FRK)は2日、第18回不動産流通業に関する消費者動向調査の結果を公表した。

それによると、消費税率の引き上げが見込まれたことが今回の住宅購入に与えた影響として、「住宅の購入時期を早めた」との回答が全体の32・3%に達した。特に、20代では50・0%と高く、収入が少ない若い世代ほど多くの世帯が消費税引き上げの影響を受ける結果となった。また、購入に際して建物の耐震性を「重視した」購入者は新築で42・3%、既存で38・2%とともに4割程度となった。

既存住宅の購入者のうち、購入時に建物検査(ホームインスペクション)を実施した割合は15・1%だったが、内訳は売り主負担が12・7%、買い主負担が2・4%と売り主負担がほとんどなのが実態だ。

2013年10月10日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)