2011年度の金属サイディング出荷量、2年連続増加に | 住宅産業新聞

2011年度の金属サイディング出荷量、2年連続増加に

日本金属サイディング工業会(金田直治会長)は、2011年度の金属サイディングの出荷量をまとめた。

11年度の出荷量は1460万7千平方メートル(前年比12・3%増)となり、2年連続で増加した。施工性や耐震性などの金属サイディングの特徴が被災地を中心に再評価され、4年ぶりに1400万平方メートルを上回った。同工業会は「震災復興で被災地を中心に金属サイディングが多く採用された結果、ユーザーへの製品認知が進んだ。今年度もこの勢いを継続させたい」と、シェア拡大に力を入れる。

金属サイディングは、芯材に硬質プラスチックフォームなどの熱伝導率の低い素材を使用しており、外壁材で高い断熱性能を発揮する。表面の金属板は、外壁材に湿気が入り込み凍結と融解を繰り返すことによる基材の劣化を防ぐ。これらの特徴から、寒冷地で多く採用されている。

2012年5月3日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)