米ボラックス、日本木材保存協会にホウ酸塩系木材保存剤の審査を依頼予定 | 住宅産業新聞

米ボラックス、日本木材保存協会にホウ酸塩系木材保存剤の審査を依頼予定

米ボラックス社は3月、(社)日本木材保存協会に対して、同協会の木材防腐・防蟻剤の表面処理用薬剤認定の取得を目的に、自社のホウ酸塩系木材保存剤「ティンボア」の審査を依頼する。

住宅性能表示制度の劣化対策等級3等級を取得する際、事実上、同協会の認定薬剤の使用が有利であることが理由。劣化対策等級3等級が要件となっている、長期優良住宅(戸建)の認定基準及びフラット35Sの技術基準への対応を可能とすることでティンボアの普及を狙う。

この動きと並行しNPOホウ素系木材保存剤普及協会は、合成殺虫剤系表面処理剤と比べホウ素系木材保存剤は安全性の確認が十分とのアピールで、カンザイシロアリ対策として既存住宅の屋内使用需要を開拓する。

2011年1月1日付け10面から抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)