INAX、サステナブル社会の実現に向けた取り組みが2010愛知環境賞『金賞』を受賞 | 住宅産業新聞

INAX、サステナブル社会の実現に向けた取り組みが2010愛知環境賞『金賞』を受賞

INAXのサステナブル(持続可能)な社会の実現に向けた「つくる」「つかう」「もどす」場面でのイノベーション活動が、2010愛知環境賞の最高賞である『金賞』を受賞した。

金賞受賞は、同社が2050年までにCO2総排出量(1990年比)の80%削減を目標に掲げ、リユース・リサイクルを前提に商品を製造・販売するシステムを構築し、これからの愛知のモノづくりのあり方を示したことが高く評価された。

2010愛知環境賞は、資源循環型社会の形成を促進するため愛知県が主催している。資源循環や環境負荷の低減を目的とした先駆的で効果的な技術・事業・活動・教育の事例を、企業や団体、県民から募集して、優れた事例に対して表彰するもので、今年で6回目。今回は49件の応募があり、審査の結果金賞2件、銀賞、銅賞各1件、優秀賞7件が選ばれた。同社が金賞を受賞したのは今回が初となる。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)