輪島市、人口減少と空き家増加の課題解決で民間と連携=地域住民へ地道な説明

17092517

 人口減少、高齢化率の上昇、空き地・空き家の増加――日本全国の各地域で発生している問題。

 この問題に挑むため、2015年から行政・民間の立場の違いを乗り越えて取り組みを進めてきているのが輪島市だ。

 空き地・空き家を活用して子どもから高齢者、障がい者、外国人といった住民が交流できる場づくりや、買い物・通院難民、公共交通機関不足を解消するための無料カートの運行などをスタート。

 すでに複数の移住者がいる。しかし、交流の場の整備もカート運用も容易なことではない。ほかの自治体同様に、実際には地域ならではの課題も抱えている。

 輪島市ではどのような取り組みを進めているのか。事業者や商工会、市に取り組み内容や考えを聞いた。


2018年10月04日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)