バレッグス、100%電力自給自足システムを発売

180705001

 電力の自給自足を目指し、神奈川県の三浦半島に大容量の太陽光発電システム(PV)と蓄電池を搭載したモデル棟を建設した不動産会社のバレッグス(東京都目黒区、大本朋由社長)。2014年11月に竣工してから、試運転やシステムの見直しなどを経て、15年2月5日に電気の購入をやめた。それから1200日以上、1度も停電することなく、電力的に自立した暮らしを続けている。大規模な停電を伴う災害時は、地域の防災拠点にもなり得る。同住宅の実績を踏まえ、今年3月から同社会員向けに電力自給率100%を達成するシステムの提案・販売を始めた。モデルハウスを設計した渡邉実さんは「電力を買うのが当たり前だと思わずに、『生活に必要な電力は住宅で作れる』ということに気づいて欲しい」と、発売の狙いを話す。

2018年07月05日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)