長府製作所 | 住宅産業新聞

キーワード: 長府製作所

長府製作所、スマホで給湯器やエアコン操作可能に

サービス利用イメージ 長府製作所(山口県下関市、種田清隆社長)は今月から順次、スマートフォン・スマートスピーカーから機器を操作できる「おうち快適アプリ」の運用を開始する。 当該アプリのこの他の活用方法としては、自宅以外の離れて暮らす家族の機器を登録すると、その利用状況をスマートフォンで確認可能な...続きを読む

ノーリツ、長府製作所と資本・業務提携

ノーリツは11日、同日付けで長府製作所と国内給湯機器事業を含めた住宅設備事業全般に関する資本・業務提携を行うことを決定したと発表した。今後2016年12月10日にかけノーリツ・長府製作所は共に相手先の発行済み株式数の3%を取得、(1)製品及び部品の相互供給(2)製品の共同開発(...続きを読む

長府製作所の新ソーラーシステム、従来品よりも11万円の低価格化を実現

長府製作所(本社=山口県下関市、橋本和洋社長)は、徹底したコスト低減により価格を従来品より11万2千円低く設定した既設給湯器接続対応型ソーラーシステム「エネワイターAW9シリーズ」を発売した。 AW9シリーズは、貯湯ユニットの内部レイアウト最適化や部品の共通化、底板の脚...続きを読む

長府製作所、停電時も運転可能なエコジョーズ

長府製作所は、停電時の自立運転が可能な潜熱回収型ガスふろ給湯器「エコジョーズ」3機種を3月1日に発売する。電源ユニットと連携するための通信線を搭載した自立仕様のエコジョーズ本体とバックアップバッテリーを内蔵した電源ユニットで構成。停電時でも4人家族が3日間、お湯を使うことができ...続きを読む

長府製作所=旭川に実験住宅、寒冷地対応商品の開発スピード加速

長府製作所(山口県下関市、橋本和洋社長)は、北海道旭川市内に「旭川実験住宅」を開設した。 同社は、低温下における検証については工場内の環境試験室や、北海道内の既存住宅を利用した実地検証を行っていた。実験住宅は、寒冷地対応商品の開発スピードを加速させるのが狙い。国内でも特に寒...続きを読む

横浜で太陽熱利用システムの総合展、施工セミナーも同時開催

太陽熱利用システムの普及促進を目指すSun&Greenプロジェクト(主催=財団法人ベターリビング、社団法人ソーラーシステム振興協会)は8月27、28日の2日間、ハウスクエア横浜(神奈川県横浜市都筑区中川1―4―1)で、『住宅用太陽熱利用システム総合展示会』と『施工技術セミナー(...続きを読む

長府製作所、エコジョーズの新商品2機種を発売

長府製作所は、高効率ガス給湯器エコジョーズの新商品として壁掛型フルオートタイプ「GFK―S2420WKX」と壁掛型オートタイプ「GFK―S2020WKA」の2機種を発売した。 新商品は、エコジョーズで使用したガスやお湯の使用量、光熱費、CO2排出量をリモコンに表示して確認で...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)