2021年5月13日(第2041号)/2020年度新設住宅着工戸数、8・1%減の81万2164戸=2年連続で90万戸下回る | 住宅産業新聞

2021年5月13日(第2041号)/2020年度新設住宅着工戸数、8・1%減の81万2164戸=2年連続で90万戸下回る

主なトピックス
大和ハウス工業・最高級戸建住宅商品を投入=1棟あたり7千万円超に、東名阪から展開開始/ケイアイスター不動産が平屋注文住宅のオプションで「HANARE」を提案、新たなワークスペースとして/輸入木材、価格と納期の厳しさ増す=米国住宅市場や海運など要因/住宅省エネのあり方検討会、義務化へ前向きな姿勢=複数の団体が意見、手続き簡素化も要望/新設住宅着工都道府県別表(2021年3月分)

連載
コラム「ひと」=広島建設人財開発部採用育成チームの赤津綾夏さん/新たな地域工務店を目指して(17)アトリエさんかく・谷口恋/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫=312

掲載記事一覧
積水化学工業住宅カンパニーの2021年3月期決算、5年ぶり減収=下期受注、前期並みに挽回/TOTO、CSRと経営、より一体化=「WILL2030」策定/LIXIL、土木と断熱リフォーム新規商材を発売へ/2020年3月度新設住宅着工戸数、7万1千戸台=21ヵ月ぶりに増加/大和ハウス工業・最高級ブランド投入の狙い=富裕層世帯の増加に対応/三菱地所ホーム、「風通しの良さ」テーマに=バーチャルでモデル棟/ミサワホーム、最上位ブランド・センチュリーで「蔵」提案=3畳分の自由な空間創出/第17回住まいのまちなみコンクール=応募概要を発表、受賞者には活動費を支援/JGBAがオープニングイベント、商品戦略などを共有=年末までに100社の加盟目指す/WAKUWAKUが新事業戦略を発表、2030年にGMV1兆円を目指す/北洲が移動式木造住宅を生産、全国の拠点で事業展開/アキュラホームが住宅の燃費を表示、省エネ意識を高める狙い/吉永建設がニューノーマルハウスを3棟同時建設、1棟は今月20日にも完成予定/3月の木軸着工、1・2%増に/昨年4月のコロナ禍「経営に危機感」、TOTOの清田社長=理念共有のグループ一丸で対処/HEAT20、「HEAT20設計ガイドブック 2021~正しい住宅断熱化の作法とは」発刊で記念セミナー=5月27日にオンラインで/全国知事会=新築のZEH義務化を提言、補助金の重複対応見直し検討も要望/21年度新設住宅着工戸数、建設経済研究所の見通し=0・5%減の80万3500戸/3月度新設住宅着工戸数の利用関係別詳細、民間資金の持ち家5ヵ月連続増加/新築注文住宅の平均価格5359万円=20年度の住宅市場動向調査、国交省が公表/新国交副大臣に渡辺猛之参議院議員、岩井副大臣辞職に伴い/21年春の叙勲・褒章受章者/5月の住宅ローン金利 他

決算
積水化学工業住宅カンパニー21年3月期/大東建託21年3月期連結/TOTO21年3月期/LIXIL21年3月期

人事・機構改革
積水ハウス

 関連(広告)

関連するキーワード

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)