2021年4月1日(第2037号)/国交省、一人親方問題対策で方向性=情報拡充のリーフレットで、偽装対策と処遇改善図る、契約と社保加入促進も

主なトピックス
トヨタホーム、木質住宅事業を強化、戸建受注の1割へ、分譲と注文両面で/ランディが注文住宅の土地探し支援、成約率向上や営業担当者の工数削減の役割担う=現場で使いやすいツール提供/LIXIL、アルミ・複合・樹脂で新製品投入=2021年度の窓事業施策/CCUS運営協議会の21年度事業計画=新規技能登録30万人、赤字圧縮しつつ将来的なシステム改修も見込む/ダイキン工業、京都大学との研究テーマ「新常態」に見据え再構築=コロナ禍踏まえ

連載
コラム「ひと」=リストホームズ営業部企画開発課課長の伊藤俊さん/新たな地域工務店を目指して(13)住宅支援機構 代表理事・堰口新一/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫=308/ネット追客の成功法=90(㈱追客力代表 曽根田太郎)/注目の助成金=81(ナビット社長 福井泰代)/木造ハウジングコーディネーター 目指せ!木造住宅のスペシャリスト=84日本木造住宅産業協会)

掲載記事一覧
住設各社、「グリーン住宅ポイント制度」対応製品をアピール=「新たな日常」や「防災」の追加工事需要キャッチで/YKKグループ、28年ぶりに社服刷新=「サステナビリティの想い共有」で/ノダ、石巻合板工業で工場火災=3月20日の地震後、影響を調査中/パナソニック・ライフソリューションズ社、タイで「モジュール建築住宅」供給/セキスイハイムが体感型SR「グリーンモデルパーク新検見川」、大容量PVや蓄電池、最新IoT設備導入/トヨタホーム、鉄骨ユニット住宅「シンセ・スマートステージ」に「プラス」投入/駅の高架下に学童保育施設、阪急阪神G発注し三井ホーム建築/石橋信夫氏の50の言葉を厳選、樋口大和ハウス最高顧問、PHP研から出版/リノべるが遠隔施工管理のベータ版を社内で展開、現場管理の仕組み追加/大東建託「いい部屋ネット街の住みここちランキング<ふるさと版>を発表、1位は山梨県昭和町/大東建託が日本初の「LCCM賃貸集合住宅」を開発、建設から解体におけるCO2排出量がマイナスに/ケイアイスター不動産の子会社が接客ロボットを共同開発、今夏をメドに展示場モデルの実戦投入目指す/パナソニック、抗ウイルス仕様製品を拡大=ドアハンドルや取っ手など/大建工業、抗ウイルス機能「ビオタスク」新型コロナに対する効果確認/矢野経済研究所の非住宅木造市場調査、2021年度は大型案件にプラス期待/福井コンピュータアーキテクト、オンライン商談機能搭載の住宅プレゼンソフト発売/TOTO、自動水栓の最新製品がレッドドット・デザイン賞の最優秀賞を受賞/タカショー、6月から庭・照明のマイスター講習をオンライン開催/全宅連、オンライン情報共有に注力=書式システムと連携、物件情報の活用推進/20年度の下請取引等実態調査、不適正な取り引き事業者1万251業者に指導票/全宅連、賃貸住宅管理業者の講習対応進める/環境省のZEH支援、20年度3次補正予算分スタート/民間住宅ローンの実態調査、19年の新築住宅向け新規貸出=9兆3519億円/20年度の下請取引等実態調査、不適正な取り引き事業者1万251業者に指導票/国、都、沿川自治体が連携、高台まちづくりWGを設置/LIXIL、経営管理体制を簡素化=3階層を2階層に 他

人事・機構改革
旭化成ホームズ/大和ハウス工業/積水ハウス

関連するキーワード

こんな記事も読まれています

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)