2021年4月8日(第2038号)/YKKグループ、定年制を廃止=「退職時期自分で決める」と、YKKAPなどの国内事業部門 | 住宅産業新聞

2021年4月8日(第2038号)/YKKグループ、定年制を廃止=「退職時期自分で決める」と、YKKAPなどの国内事業部門

主なトピックス
旭化成ホームズ、建設技能者育成を強化、つくば市に研修C/大東建託が多様性に合わせた提案、可動式間仕切りやアウトドアドア理文具の導入などで長く住み続けられる賃貸住宅に/LIXILの窓新製品、現行品の〝切り替え〟=新しいプラットフォーム採用、2021年度実施予定の事業施策/2021年度の地域型住宅グリーン化事業=最大170万円の補助、事前枠の付与へグループ募集を開始、国交省は環境性能を重視/新設住宅着工都道府県別表(2021年2月分)

連載
コラム「ひと」=トヨタホーム営業統括部木質事業室長の小松﨑英明さん/新たな地域工務店を目指して(14)アトリエさんかく・谷口恋/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫=309

掲載記事一覧
クリナップ、中高級オーダーキッチンをハウスメーカー・流通店向けに販売=バルクッチーネ「iaponica」(イアポニカ)、富裕層向け事業拡大で/新設住宅着工統計2021年2月度、持ち家は増、分譲戸建は減/新昭和グループ、注文事業を一本化=首都圏中心に施工体制強化/ノダ・石巻合板工業の工場火災、6月に通常納期へ回復=現状の生産量は4割に低下/住友林業、3時間耐火認定を取得、一般流通材使い低コスト化/住友林業と熊谷組、中大規模木造で新ブランド/ハイムの50周年記念商品「パルフェ」、多雪エリアの社会課題解決へ/住友林業「マイフォレストBF」、木質感豊かな木の住まい/ミサワとトヨタの免震構法24階建て、東京・飯田橋のタワマン竣工/大和ハウスが投資物件で新ブランド、社会的資産へ再生後に売却/新社長に横山専務、東急Re・デザイン/ケイアイスター不動産、戸建住宅用の見守りアプリの共同開発に合意=CO2センサー技術を活用/ケイアイスター不動産、不動産・建築テックの促進で新会社を設立/リノべるが「ARリノベ」を始動、3物件で展開=買取再販事業者向けに/野原ホールディングス・VDCカンパニー、AI図面積算WEBサービス「TEMOTO」を開発=自動積算で業務効率化を実現/エヌ・シー・エヌ、SE構法が累計2万5千棟を突破/エルハウジングがリースバック事業に新規参入/2月の木軸着工、前年同月比3・7%増/タカショー、名古屋ショールームを移転・リニューアル=「5th ROOM」空間展示/YKKAP、マンション用のリフォーム断熱窓発売=戸建て用引き込み戸も、既存物件の環境改善/三協立山・三協アルミ社、20日に「三協アルミワンダーWEB展示会2021」公開/大手住設・建材メーカー入社式トップあいさつ=タカラスタンダード・渡辺社長、TOTO清田社長/国土の長期展望最終取りまとめ案=国土審専門委で、「真の豊かさ」実感へ/不動産売買の取り引きで、IT重説が本格運用=国交省、実施マニュアルも公開/住宅金融支援機構調べ、民間住宅ローン新規貸出額=20年4Qは16・5%増/都市再生機構、団地エリアで小型モビリティ体験会/4月の住宅ローン金利 他

人事・機構改革
旭化成ホームズ/旭化成不動産レジデンス/旭化成リフォーム/台湾旭化成都市開発/旭化成住宅建設/旭化成ホームズ少額短期保険/積水化学工業/大和リース/デザインアーク/ロイヤルホームセンター/大和リゾート/エネサーブ

 関連(広告)

関連するキーワード

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)