2021年オリコン顧客満足度調査【マンション大規模修繕会社】=総合1位は建装工業、現場監督の対応が高評価

ウェブ限定記事

oricon ME(東京都港区、小池恒社長)は2日、マンション大規模修繕会社の満足度調査結果を公式サイト内(https://life.oricon.co.jp/)で発表した。全国のサービス利用者が選んだ総合ランキング1位は、建装工業(https://www.kenso.co.jp/)が獲得した。オリコンによるマンション大規模修繕会社の満足度調査は今回が初めて。

建装工業は全6項目の評価項目中、「施工会社の対応」「現場管理者の対応」「仕上がり」「保証・アフターサービス」の4項目で1位に輝いた。とくに、「現場管理者の対応」が高得点だったという。利用者コメントでは「施工内容を適切なタイミングで案内してくれていた」「現場の指揮監督がきちんとされていて安心感があり、女性の責任者もいて話しやすかった」などが寄せられた。

調査対象者は、過去6年以内に、現在居住しているマンションまたは投資目的などで所有しているマンションで大規模修繕の経験があり、その際に管理組合の理事会の理事を担当したことがある人、もしくはマンションの修繕委員会に所属していた人で、直接、理事会や修繕委員会で大規模修繕工事会社の依頼に関わった人か、マンションの管理組合や外部のコンサルなどを通して大規模修繕工事会社の依頼に関わった人。調査期間は2021年4月19日から5月11日。サンプル数は1944人。調査企業数は100社。

マンション大規模修繕会社の総合ランキングは、1位が建装工業(76・4点)、2位が小野工建(76・1点)、3位がカシワバラ・コーポレーション(74・0点)だった。

2位の小野工建は、全6項目の評価項目中、「作業員の対応」と「金額の納得感」の2項目で1位を獲得。他4項目でも2位を獲得するなど、全体的に高評価を得ていた。実際の利用者からは「現場監督の方が優しく誠実で感じがよかった。修繕工事の時に大きな災害が重なり、今までにない被害がでたが、泊まり込みで対応してくだり、とても心強かった」などのコメントがあった。

3位のカシワバラ・コーポレーションは、6項目の評価項目のすべてで3位だった。利用者からは「管理会社と兼務なのでアフターフォローへの安心感がよかった」などのコメントが寄せられた。

評価項目別、部門別のランキングは下表の通り。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)