太田国交大臣「住宅政策を語る」、ローン減税や現金給付で駆け込み相当緩和と | 住宅産業新聞

太田国交大臣「住宅政策を語る」、ローン減税や現金給付で駆け込み相当緩和と

太田昭宏国土交通大臣は、2014年の年頭にあたって専門紙記者団との会見に応じた。4月に8%に上がる消費税の住宅市場に対する影響については、住宅ローン減税の拡充や「すまい給付金」(現金給付)により、駆け込み・反動減を「相当緩和できた」と強調。さらに、消費税10%への引き上げは景気動向次第で、軽減税率の導入は「与党間での議論」だとした。

また、今年は既存住宅の長期優良化改修基準の策定など住宅ストックの有効活用への取り組みを進めることや、東日本大震災からの復興の実感が得られるよう国交省として責務を果たす姿勢を示した。

2014年1月16日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)