エヌ・シー・エヌ、Facebook「いいね!」1万人突破

エヌ・シー・エヌ(東京都港区、田鎖郁男代表)は10日、同社が事務局を努める既存建築物の耐震化普及活動「耐震住宅100%」のFacebookでの「いいね!」の数が1万人を突破すると共に、総リーチ率が10万5654(2014年7月1日~15年2月4日Facebook調べ)に達したと発表した。
耐震住宅100%の活動は、国が掲げる目標「2020年までに旧耐震住宅の耐震化率を95%に引き上げる」をうけて、住宅建設業界全体に旧耐震建築物の改築と改修を促すことが目的。14年7月に初代耐震大使として冒険家の三浦雄一郎氏を迎えプロジェクトを本格始動、今月2日にはメインコンテンツ「あなたの残したい建物コンテスト」で、全国から寄せられた応募420件の中から、大賞「清水の次郎長の生家」(静岡市清水区)が選ばれている。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)