エヌ・シー・エヌが韓国に初の海外登録施工店=韓国での耐震規定改定で商機も | 住宅産業新聞

エヌ・シー・エヌが韓国に初の海外登録施工店=韓国での耐震規定改定で商機も

エヌ・シー・エヌ(東京都港区、田鎖郁夫社長)は、韓国における海外木造耐震設計事業を拡大するため、6月から韓国のヘガパッシブ社を「耐震構法 SE構法」の登録施工店とした。

海外工務店が施工店登録するのは、同社として今回が初めて。

韓国では2017年12月、耐震規定を「2階以上、延べ床面積200平方メートル以上の全ての住宅に対して耐震設計が義務化」と改訂しており、木造建築物も建築確認申請の際に耐震設計確認に必要な構造安全確認書と構造計算書の提出が義務化されている。

2019年07月04日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)