アキュラホーム、価格競争力と商品力の強化を本格化=構造計算の導入も検討 | 住宅産業新聞

アキュラホーム、価格競争力と商品力の強化を本格化=構造計算の導入も検討

アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉代表)は新築戸建市場の縮小を視野に、価格競争力および商品力の強化を本格化する。

昨年の限定商品で実施した構造計算を通常商品にも導入した際のコスト削減効果を検討するほか、仕様の見直しや付加価値を高める部資材の採用を進める。同時にエリア展開する全8事業部がそれぞれ、管轄エリアで高い売れ筋ニーズを一元化し「試行棟」として建売販売する住棟に採用、その情報を事業部内の営業担当者が共有し受注活動に生かす。

昨年、前者を「KAIZENプロジェクト」、後者を「戦略商品開発プロジェクト」として着手した。来期は全8事業部がそれぞれ戦略商品開発プロジェクトとして期中に最低2棟の開発を行う予定だ。

2014年1月1日付け10面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)