NPO環境共棲住宅地球の会=座談会「工務店はどう生きるべきか」㊦、省エネ住宅施策対応など議題に | 住宅産業新聞

NPO環境共棲住宅地球の会=座談会「工務店はどう生きるべきか」㊦、省エネ住宅施策対応など議題に

NPO環境共棲住宅・地球の会(吉村良三理事長)は5月22日から2日間にわたり開催した「第5回 日本の木の家づくりサミットinにいがた」で同23日、座談会『工務店はどう生きるべきか――時代の潮流を見据えて』を行った。

座談会の途中、座談会前に見学した重川材木店の高級和風モデルハウスへの賞賛のほか、ローコスト住宅を扱う可能性について質問が出た。終盤は、大きな変化が予想される今後の国の省エネ住宅施策に、どう対応するかが議題に。重川材木店の重川隆廣氏は、過去に高気密・高断熱住宅に全力で取り組んだ実績を持ち基礎ができていることなどから、自社としての対応は状況が少し成熟してからで良いと考えている旨を明らかにした。一方、相羽建設の迎川利夫氏はインターネットで自社物件の省エネ性を積極的に発信する方針を示し、エコワークスの小山貴史氏は「環境業界で仕事をしていると思っている」と述べ、環境事業として住宅建築に携わっている姿勢を鮮明にした。

2012年6月21日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)