セキスイハイムが減災目的のスマホアプリを無償提供 | 住宅産業新聞

セキスイハイムが減災目的のスマホアプリを無償提供

積水化学工業住宅カンパニーは、家庭の減災を目的としたスマートフォン・アプリケーションを開発し、今月にも無償提供をスタートさせる。開発したのは『あんしん備忘録』で(1)災害への備えのチェックリスト(2)地震発生に備えるシミュレーション(3)地震発生後の備え――で構成する。

関西大学社会安全部長の河田惠昭教授の監修で、セキスイハイム入居者に限らず、一般の生活者(アンドロイドユーザー)にも提供していく。

あんしん備忘録のリストでは、住まい、防災グッズ、食料の3つの観点での必要な備えがチェック可能。例えば「住まい」→「キッチン」→「食器棚」と進むと、地震の揺れを抑える食器棚用の固定器具を紹介。器具を取り入れることで対策度が「%」表示される。

2012年6月14日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)