木下工務店、保証と制震合わせ安心・安全を訴求 | 住宅産業新聞

木下工務店、保証と制震合わせ安心・安全を訴求

木下工務店(本社=東京都新宿区、木下直哉社長)はエンドユーザーに対し、4月に行った注文全棟における制震システム「DUOフレーム工法」標準化の効果を、既存の50年保証システムと組み合わせてアピール。長期にわたり安心・安全な木下の家――との訴えを強める。

50年保証システムは名称「サポートワイド50」。2010年4月導入の制度で、構造躯体部と屋根および外壁の防水性能を最長50年保証するもの。全棟で引渡後3ヵ月、1年、2年、7年、10年の無料点検を実施し、10年点検時に塗装など必要な有償メンテナンス工事を行い一定品質の確保が認められた場合、以後、10年毎の同様の点検で50年まで保証する。

2012年6月14日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)