桧家ホールディングスが注文と分譲でM&A、神奈川などの展開強化で | 住宅産業新聞

桧家ホールディングスが注文と分譲でM&A、神奈川などの展開強化で

桧家ホールディングス(本社=埼玉県久喜市、近藤昭社長)は15日、注文住宅を扱う三栄ハウス(神奈川県相模原市、中島信義社長)と分譲販売業の池田住販(千葉県市川市、森義昭社長)の全株式を取得、子会社化すると発表した。

池田住販は17日付で商号を「桧家不動産千葉」に変更、桧家グループから新社長が就任した。三栄ハウスは12月16日付で商号を「桧家住宅三栄」に変更予定で、引き続き現社長が業務を継続する。桧家グループは事業拡大策の一つに、M&Aによる優良ビルダーの子会社化で地域展開を強化する方針を掲げており、今回の施策もその一環。

2011年11月24日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)