桧家ホールディングス、北関東で北都ハウス本格展開=営業スキーム導入も検討 | 住宅産業新聞

桧家ホールディングス、北関東で北都ハウス本格展開=営業スキーム導入も検討

桧家ホールディングス(埼玉県久喜市、近藤昭社長)は2月末に子会社化した新潟をメーン商圏とする北都ハウス工業(新潟県新潟市、宮本行雄社長)の営業エリアを、主に北関東で本格的に拡大する。

近日中に埼玉・加須で営業拠点を開くほか、今後、群馬・茨城・栃木などで北都ハウスの拠点数を増やす。桧家ホールディングス傘下の他の戸建住宅事業会社より平均で4割低い販売価格の企画型注文住宅を扱う北都ハウスの営業拠点網を、グループのメーン商圏である北関東にも構築。規模縮小を予想する消費増税10%以降の新築戸建住宅市場への対応とする。

エリア拡大と並行して、常設展示場を持たずに住宅販売を行う北都ハウスの営業スキームを、他の戸建事業会社も導入可能か検討する。5年後をメドに北都ハウスの販売棟数を現状比約4倍の2千棟に引き上げる意向だ。

2014年4月24日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)