スマートハウス業界”初”巡りしのぎ、市場の規模感で兼ね合いも | 住宅産業新聞

スマートハウス業界”初”巡りしのぎ、市場の規模感で兼ね合いも

蓄電池仕様のスマートハウス商品化を巡り、戸建住宅の二大企業がしのぎを削る。

大和ハウス工業は、リチウムイオン蓄電池をHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)で制御する『スマ・エコ オリジナル』を、〝業界で初めて〟10月1日から発売すると発表。

〝世界初〟の3電池連動で先行する積水ハウスの『グリーンファースト ハイブリッド』追撃の姿勢を明確にした。いずれも、電力供給不足を背景として「我慢をしない節電」をキーワードに、光熱費の削減と省CO2を快適に実現できる仕組みを備えたのが特徴。

一方で、両社ともに発売期間と棟数を限定するなど、コストと市場の規模感の兼ね合いを計りかねているのも実情のようだ。

2011年9月29日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)