住友林業が住ソフト提案、家事の負担減らして子育てしやすい家に | 住宅産業新聞

住友林業が住ソフト提案、家事の負担減らして子育てしやすい家に

住友林業は、戸建住宅の住ソフト提案に取り組む。第1弾が、「ママも家族もハッピーになれる家づくり」をコンセプトにした『mamato(ママト)』で、家事の負担を減らし子育てしやすい家を追求した。

暮らしの中心にダイニングを置く「ダイニング発想」や、女性目線で収納や動線に工夫した「家事を楽にする設計」、自然素材を活用する「ナチュラルライフ」がポイント。育児経験のある女性社員中心のチームで開発を行った。

ママトのダイニング発想は、日当たりと風通しの良い場所にダイニングを配置し、大型テーブルを置くなど家族が集まる場所として設定。ダイニングを中心に、リビングや階段など子どもが集まる場所に視線が届く設計を提案する。

2011年6月9日付け2面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)