2010年度首都圏戸建分譲、ボトムから回復=細田工務店レポート | 住宅産業新聞

2010年度首都圏戸建分譲、ボトムから回復=細田工務店レポート

首都圏戸建分譲市場は2009年度のボトムから回復――。細田工務店のレポート「首都圏の戸建分譲団地供給動向 2010年度」で、10年度の首都圏戸建分譲市場は供給が旺盛となり、供給の底となった09年度と比べ特に下期は前年同期を大きく上回ったことが明らかになった。

年度トータルの供給戸数は2割増となり、分譲プロジェクト1回あたりの販売戸数も1割強伸びた。また、エリアに関係なく主力需要帯の土地面積30坪台・建物面積28~29坪の物件供給が特に増加した。

ただ、今後の見通しについては、東日本大震災によるとみられる購買マインド低下の影響で3月中に販売された物件の当月末在庫率が高まったことから、在庫が積み上がる可能性を指摘している。

2011年5月19日付け3面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)