大和ハウス大野社長会見、戸建住宅事業「攻め」に転じシェア5%へ | 住宅産業新聞

大和ハウス大野社長会見、戸建住宅事業「攻め」に転じシェア5%へ

大和ハウス工業の大野直竹社長は、戸建住宅事業について「(大和ハウスの)コア・核となる事業」との認識を示した上で、今後人員態勢と商品力の両面で”攻め”に転じ「シェア5%、売上高5千億円を目指す」方針を明らかにした。

2011年3月期決算に関する記者会見で示したもので、これまで実施してきたコスト削減効果によりスリム化が進み、現状でも利益が確保できる体質になったと判断。「住宅は土着産業」として、エリアごとに対応した商品投入とともに、地域に密着した人員を投入することで、シェアアップにつなげる。

2011年5月19日付け1面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)