維持管理費用、負担軽減に積立金制度、預かり金や保険活用で | 住宅産業新聞

維持管理費用、負担軽減に積立金制度、預かり金や保険活用で

住宅の長寿命化への関心が高まる中で、戸建住宅の維持管理費用の負担軽減への動きが出てきた。東急ホームズの『ミルクリーク・ホームケア・サービス2.』は、新築戸建住宅に関する維持管理費用を定期的に積み立てるもの。大和ハウス工業も、戸建住宅オーナー向けのサポートサービス『AQアセット』の一環で、保険を活用してのサービスを立ち上げた。

一方で、導入を検討している住宅企業もあるものの、実際に取り組みを明言するところは少ない。手続きの繁雑さやリスクヘッジを含めた運用面での困難が予想されることから、二の足を踏むところも多いためだ。

2010年9月29日付け1面から抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)