非住宅分野の木質化に活路、住友林業=木材で快適・癒し、三菱地所ホーム=国産材を積極採用

木材活用に力を入れる大手注文住宅メーカーによる非住宅分野での木造化・木質化の実績が増えている。

住友林業(東京都千代田区、光吉敏郎社長)は上智大学の新校舎を木造耐火構造で建築。構造から内装・外装まで、木材をふんだんに取り入れた。

三菱地所ホーム(東京都新宿区、加藤博文社長)は、新オフィスの内装に、国産材を中心とした木材を積極的に採用した。

木質化の効果は、炭素固定による環境貢献だけでなく、癒しや集中力向上などの効果もあるという。

住宅メーカーは教室やオフィスなど、「人が長時間過ごす場所こそ木質化に適している」と、提案、取り組みを強めている。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年07月19日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)