トヨタホーム、分譲地でセンターハウス開設を推進=スマホで簡単予約システムも

トヨタホーム(名古屋市東区、後藤裕司社長)は、戸建分譲住宅地内に住民が自由に使えるセンターハウスを建設して、住民の生活利便性向上、コミュニティー形成支援などに取り組む。

同社は7日、関東地方の初事例として千葉県印西市で開発中の戸建分譲住宅地「ザ・シェブロンノット」内に建設したクラブハウスの見学会を開催。同物件で初採用したビットキー(東京都中央区)の電子錠と生活支援アプリを使った予約システムの実演などを行った。

センターハウスは今後、同社が新たに開発する大規模な戸建分譲地で展開するほか、電子錠や予約システムはプライムライフテクノロジーズ(以下、PLT)傘下の住宅会社での水平展開も検討中という。

2022年04月19日付2面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)