日本ハウスHD、新6ヵ年計画を発表=注文住宅受注1・6倍目指す

日本ハウスホールディングス(東京都千代田区、真田和典社長)の注文住宅事業が好調だ。2021年10月期の受注状況は、4月以降7ヵ月連続で2ケタのプラスが続く。

バーチャル展示場やウェブ経由の来場予約システムなど、オンライン営業施策が奏功した。

このほど策定した22年10月期を初年度とする6ヵ年の新中期経営計画では、中計最終年度の27年10月期の業績目標として、グループ全体で700億円(21年10月期実績比1・5倍)の受注高を目指すという。

主力の住宅事業は、高断熱・高気密・ゼロエネの家を特徴に、国産材や『檜』のブランディングに注力し、受注高目標を400億円(同1・6倍)に据え、受注拡大を目指す戦略だ。

同社の21年10月期連結業績は、売上高371億4900万円(対前期比4・6%減)、営業利益27億700万円(同67・1%増)の減収増益となった。営業利益率は7・3%(同3・1ポイント増)。コロナ禍によるホテルの婚礼売上・宴会売上の大幅減少が影響した。

2022年01月11日付6面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)