積水ハウス、営業拠点をオープンに=都内5ヵ所、より身近な存在に

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は18日、東京都内の営業拠点を従来のクローズ型支店に加えて、誰もが立ち寄りやすいオープン型支店を導入すると発表した。

新拠点を「スムフムテラス」と名付け、第1弾として新宿や立川など5ヵ所に新設する。『住』という暮らしに根ざしたサービスを提供する事業者として、顧客の利便性を高めるとともに、「積水ハウス」をより身近に感じてもらうのが狙いだ。

スムフムテラスのコンセプトは、「皆が気軽に集える場所」。支店機能を備えた路面店のイメージだという。セキュリティの高いオフィスビルに入居していた支店機能を、町の中に取り出した。

オープンカフェのような雰囲気の店舗に仕立て上げ、通りがかりに誰でも気軽に立ち寄れる施設を目指したという。コーヒーを飲みながらゆっくり過ごせるラウンジや、タッチパネル式で自由に実例が見られるモニターを設置した。

2021年11月25日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)