住友林業と日集協、木質ハイブリッド集成材有孔梁で1時間耐火の大臣認定

住友林業(東京都千代田区、光吉敏郎社長)と日本集成材工業協同組合(佐々木幸久理事長、以下、日集協)は1日、木質ハイブリッド集成材有孔梁で1時間耐火構造の国交大臣認定を取得したと発表した。

従来の木質ハイブリッド集成材梁と比べて天井高を確保でき、設計の自由度が向上。設備配管用のかさ上げ材を設置する必要がなくなったほか、デザイン上の制約が少なくなるので意匠性が向上する。建築費全体のコストダウンや汎用性の拡大にもつながるとした。

日集協が2005年に大臣認定を取得している木質ハイブリッド集成材の1時間耐火認定梁に、住友林業が開発した梁貫通技術を加えて新規認定を受けた。外観は木質でありながら、構造計算は鉄骨で行う。

2021年11月11日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)