ナイスが「国産材プレミアムパッケージ」販売、首都圏から取り組み開始

ナイス(横浜市鶴見区、杉田理之社長)はこのほど、「構造材」「断熱材」「内外装材」の全てを国産材仕様とした家づくりを提案する「国産材プレミアムパッケージ」の販売を開始した。

構造材の基本パッケージとして、(1)無垢材仕様(2)構造用集成材仕様(3)無垢材+構造用集成材仕様――の3種類を用意した。ベースとなる樹種はスギ、ヒノキ、カラマツといった国産針葉樹を中心に構成。個別の要望に応じて部材別に等級などをカスタマイズし、オリジナルの標準仕様を作成することも可能という。

断熱材では木質繊維断熱材「ウッドファイバー」の提案など、構造材だけではなく断熱材も木質化することで、木材の有効活用につなげていく。

2021年11月11日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)