ナイスが横浜市の総合展示場に出店、今期から注文住宅に注力

ナイス(横浜市鶴見区、杉田理之社長)は18日、「tvkハウジングプラザ横浜」(横浜市西区)に木造戸建注文住宅のモデルハウスを開設した。

グループ会社である菊池建設が出展している現代数寄屋「檜の家」に隣接するもので、神奈川県内の住宅展示場への出展は、「tvkハウジングプラザ藤沢」(藤沢市)についで2ヵ所目。

モデルハウスは木造2階建てで、延床面積は288・58平方メートル。構造材だけではなく床材や内装材、インテリアなどに各地の国産材をはじめ多種類の木材を効果的に使用。木造躯体の壁には蓄熱性と調湿性に優れた木質繊維断熱材「ウッドファイバー」を採用することで、「木を使った上質な空間」を表現した。木材のほかにもガラス、石、タイル、塗り壁などの異素材との組み合わせによって木材の良さを際立たせるようにしている。

2021年09月30日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)