タカラスタンダード、ステンレスシンクに新製品=「らくエルシンク」、L型バーや奥行き50センチの洗い場

タカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)は8月30日、システムキッチン用ステンレス製シンク「らくエルシンク」を発売した。

(1)シンク内に固定したフックに掛ける「L型バー」に小物置きやゴミポケットなどを取り付け可能(2)最大幅約30センチ×奥行き50センチの凸部――などが特徴で、同社が扱うすべてのシステムキッチンに組み合わせられる。

洗い場面積の確保を目的とした凸部をシンク形状に採用したのは初めて。ステンレス製シンクのバリエーションを拡充、システムキッチン製品の商品力強化につなげることが狙いとみられる。

2021年09月30日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)