ビルダー各社、先食い懸念も受注強化へ=広島建設・TX沿線に強み発揮、リストグループ・8月に過去最高を記録

ビルダー各社の戸建事業が好調だ。コロナ禍による在宅勤務によって賃貸入居者が住宅について考えるきっかけとなったほか、数年後の住宅購入を検討していた見込み客が前倒しで購入する動きをみせているという。各社は緊急事態宣言解除後から受注が伸び始め、7、8月に単月として過去最高を記録する会社が目立った。一部では受注の先食いを懸念する声もあるが、自粛期間中に培ったリモートを活用する営業活動や顧客が求め始めたテレワークスペースなどのニーズに応えることで受注の強化を図っていく考えだ。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2020年12月03日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)